TOP行程表

Germany + France  2009

旅日記 5日目(2009/04/29)-02

イル川が旧市街を囲うように分かれた先にはプティット・フランスと呼ばれる地区がある。

ストラスブールにはハーフティンバー(半木骨造)と呼ばれる建物が多くみられるのだけれど、プティット・フランスには特にたくさんハーフティンバーの建物が残っていて、木組み部分の大部分が16世紀末から17世紀のものという古い建物も多い。
それらの建物の一部はレストランになっているそうなのでそこで昼食にするため歩いて向かった。

いくつか調べてきてあった中で、川沿いに建つ16世紀の木骨組みの建物を利用したアルザス料理のお店に入ってみることにした。

とてもかわいい建物だったのだけれど
全体像を撮り忘れてしまいました…

お料理は前菜・メイン・デザートのムニュを、ワインはアルザスの白ワインのハーフボトルがあったのでそれを注文した。

このワインは日本でも見かける気が…
ピノグリでした
.
アルザスといえばのワイングラス
水のボトルもきれい
 
アミューズブーシュ(突き出し)もありました
.
…またしても付け合わせのほうから撮ってますが
前菜は2品から選べたので夫と1品ずつ注文
シェアして食べました
.
もう1つの前菜
.
メインはアルザスといえばのシュークルート
からしもたっぷり

夫は赤ワインをグラスで注文
ワインに詳しくないので
アルザスではなくボルドーを選んでいました

.
デザートはクグロフ型で固めたアイスクリーム

食後に追加でコーヒーを注文したら、それに添えられて出てきた小菓子の中に小さなクグロフ型で焼いた焼き菓子もあった。

せっかくの名物なのだからクグロフ型のアイスではなく焼き菓子が食べたかったなと思っていたので、ちょうどよかった。(ミニミニサイズだけれど。)

コーヒーとひと口大のクグロフ型で焼いた焼き菓子など

ストラスブールらしい建物の中で名物料理も食べられ、お値段も手頃で満足できる昼食になった。

食後はプティット・フランス周辺を少し歩きつつ美術館へ向かう。

プティット・フランス
ハーフティンバーの建物が立ち並び
石畳の道が続いている
.
小さな水路がある
.
.
ポン・クヴェール
中世には木造の橋で瓦屋根で覆われていたため
この名(覆われた橋/屋根付き橋)と呼ばれているのだそう
19世紀に石造の橋になっています
.
1200年から1250年にかけて
ポン・クヴェールとともに建設された塔

塔の足元には
16世紀になって砲兵隊が待機する場所が
水面ギリギリにつくられたのだそう

.
ヴォーハン・ダム
要塞として建設されたもので
水門を閉じることが出来ます

ヴォーハン・ダムの先のイル川岸に建っているガラス貼りの建物が目指していたストラスブール近現代美術館。
フランスの建築家が設計して1998年にオープンしている。

ストラスブール近現代美術館

ストラスブール・パスを使うと1つの美術館に無料で入場できるのだけれど(次の1つは半額になる)、それに対応している美術館に含まれていたのでパスを使って入場した。

.
.
.
.

展示内容は近現代なので私にも分かりやすく面白かった。(写真がなかったので内部は撮影不可だったのかも。)

美術館を見学した後はトラムに乗って、ザハが設計したトラムのターミナルと駐車場を見に行く。

近くのトラムの停留所(駅?)でチケットを購入したのだけれど、24時間券に3人まで使えるというタイプがあり、1人用を2枚買うよりお得だったのでそちらを購入した。

ストラスブールのトラム
比較的新しく開通しているので
モダンな(レトロではない)車両です

トラムのB線の終点が目的地だ。

→ 次は、たっぷりザハ 

<<旅日記5日目-01 □ TOP □ 旅日記5日目-03>>