TOP行程表

Napoli 2019

旅日記 1日目(2019/12/26)-01

出発日。
まずは羽田からミュンヘンに向かった。

羽田空港でうどん

ミュンヘンでの乗り継ぎ時間は4時間半くらいある。
観光に出掛ける程の時間ではないのでラウンジで過ごしたいけれど、今回の飛行機は全てエコノミーなので、プライオリティ・パスを使ってラウンジを利用する。
飛行機はANAからルフトハンザへの乗り継ぎなので、どちらもターミナル2(T2)なのだけれど、プライオリティ・パスで利用できるラウンジはターミナル1(T1)にしかない。

入国審査を済ませて空港の制限区域外(チェックインカウンターなどがあるロビー)に出たので、空港のインフォメーションで「T2からシェンゲン圏内の便で出発だけれどT1のラウンジを利用したい。T2のゲートから入ってもT1に行けるか?」と聞くと、「もちろんT2からシャトルバスを利用してT1に移動することも可能だけれど、それだと時間がかかるから、T2とT1の間にある外の広場を横切って直接T1へ移動し、T1のゲートにいる係りの人に「プライオリティ・パスのラウンジを利用したい」と伝えて制限区域内に入れてもらうほうがずっと早く行ける」とアドバイスしてもらった。

2つのターミナルの間にある広場には
クリスマスマーケット

数年前のこの時期にミュンヘンで乗り継いだ時は
このマーケットでブラブラして時間を潰しました
食べ物の屋台などもありました

クリスマスマーケットが開催されていた広場を通り抜けてT1へ移動した。

ターミナル1のクリスマス飾り

制限区域内に入るための自動ゲートがあったので、試しに乗り継ぎ便のチケットをかざしてみたら『このチケットはT2発です』というようなメッセージが表示されてゲートは開かなかった。
それなのでゲートにいた係りの人の所へ行くと、私達がお願いする前に「プライオリティパスのラウンジ?」と聞いてきてくれた。そういう人がたくさんいるのかもしれないし、先程のT2のインフォメーションの人が連絡してくれたのかもしれない。
チケットを見せつつ「そうです」と答えると、私達がゲートにチケットをかざした時点で係の人のところには私達のチケットのエラー内容が表示されていたのか、特に手続きはなく「ここから入って」と自動ゲート横の通路を通らせてくれた。

T1のシェンゲン圏内にあるラウンジ
あまり広くはありませんが
空いていてのんびりできました
(空いているかどうかは時間帯もあると思いますが)
.
夫はビール 私はスパークリングワイン
フードの種類は多くありませんが十分です

ラウンジでグダグダ過ごした後、乗り継ぎ便の搭乗時刻が近づいてきたのでT2に戻る。さすがにギリギリは怖いので余裕をみて移動する。

T1からT2へ戻る際はシャトルバスを利用した。
珍しくタイミングが良く、シャトルバスの乗り場に着いた時点で外に停まっていたバスに乗ることが出来た。(※シャトルバスの運転間隔は不明です。T2出発の人でT1のラウンジを利用する場合は必ず時間に余裕をみて移動してください。ラウンジに行く前にシャトルバスの発着時間を確認しておくといいかもしれません。ちなみにT2のシェンゲン圏外出発の際にもT1のシェンゲン圏外にあるラウンジを利用したことがありますが、プライオリティ・パスで利用できるラウンジについては頻繁に変更がありますし、このターミナル間の移動についても変更があるかもしれません。ラウンジが利用できるかどうかは必ず最新の情報を確認してください。)

ミュンヘンからナポリまではルフトハンザ航空を利用する。

タラップで搭乗

機内ではサンドウィッチと飲み物のサービスがあった。
その後無事ナポリに到着した。

空港からタクシーでホテルに向かった。
空港からのタクシーは定額料金もあるということだったので、それでお願いして乗車したのだけれど、多分私達のホテルのある地域の料金より高い金額を請求されてしまった。
車内に貼ってあった料金表を指さして文句を言ってみたのだけれど、運転手さんはそれは古い、最近料金は変わったんだと言い、イタリア語で一生懸命説明していて(よく分からなかったけれど)これが正規料金だと譲らない。
こういうのが良くないんだろうなと思いつつも、もしかしたら本当に正規料金なのかもしれないし、もう眠かったし疲れていたのでその金額を支払うことにした。
とりあえず無事に(ボラれたかもしれないけど)ホテルに到着した。

今回ナポリは2度目。
前回のナポリがとても楽しかったので、今回は8泊全てナポリに泊まってみようかと思ったのだけれど、さすがにそこまでの勇気はなく(そこまでゆったり優雅になれず)、ナポリに2泊したあと近郊の町に3泊して、戻ってきてまたナポリに泊まるという行程にしていた。

前回の旅で泊ったホテルも良かったので、そこに再度泊まってもいいと思ったのだけれど、残念ながらこの期間はクリスマス休暇なのか休館していた。

ということで新規に探したのはGrand Hotel Oriente( グランド ホテル オリエンテ)というホテル。町中の観光に便利そうな立地だった。

エグゼクティブ ダブルルーム
落ち着いた内装です

もうすぐ日付が変わる時間帯だったので、簡単に荷物を片付けてすぐに寝ることにした。

このホテルについては、こちら

ホテルの説明は見ないで2日目の日記へ進む場合は、こちら

□ TOP □ 旅日記2日目-01>>