TOP行程表

 Italy 2014

旅日記 6日目(2014/04/30)-01

6日目。この日はワンデートリップでマントヴァへ行く。
ホテルでブッフェの朝食をいただいた後、出掛けようとしたら大雨が降っていたので、フロントでタクシーを呼んでもらって、ポルタ・ノーヴァ駅へと向かった。

ヴェローナから45分くらいでマントヴァに到着する。
マントヴァに着いた時には、小雨が降っていたけれど、歩いて中心部へ向かった。

マントヴァの劇場(Teatro Sociale)

まずはマントヴァの地図をもらうためにツーリスト・インフォメーションに寄った。
ちょうど他のお客さんがいなかったので、お薦めのレストランを聞いてみたら、「私はここの職員だから、どこか1店をお薦めするわけにはいかないのよね〜」といいつつも、地図上に数カ所印をつけてくれた。

サンタンドレア教会の鐘楼
教会のファサードは修復工事中

インフォメーションから出ると辛うじて雨が止んでいた。
この後は、ドゥカーレ宮殿を見学する。

エルベ広場
.
ソルデッロ広場から見たドゥオモ
この広場右手にドゥカーレ宮殿があります
.
ドゥカーレ宮殿

ドゥカーレ宮殿のチケット売り場で、こことテ離宮などの5箇所の名所の共通券を購入した。
このチケット、1年間有効なのだそう。

マントヴァのドゥカーレ宮殿は、マントヴァを約400年支配したゴンザーガ家の宮殿で、13世紀から17世紀まで増改築を繰り返した宮殿・城・教会の3つからなる建築の複合体。
フレスコ画などで美しく装飾された部屋が500近くあるのだそう。
よって、その全てをじっくり見学するには何十日もかかるそうなので、今回は主だった所をさらりと見学するだけにした。

この日は、『婚礼の間』という有名な部屋などが修復工事中で見学出来ないということだったのだけれど、その他の部屋も十分見応えがあった。

天井が迷路の模様になった部屋
.
.
12星座のフレスコ画がある部屋
.

ドゥカーレ宮殿の見学を(さらりと)終え、その前に建つドゥオモを見学した。

ドゥオモのファサード
.
横からみると、こんな感じです↓
この時間、少しだけ晴れ間がのぞいていました
.

この後は、インフォメーションの人に教えてもらった(というか印をつけてもらった)レストランへ向かうことにしたのだけれど、その経路上に先程購入した共通券で見学することが出来る『学術劇場』があるので、昼食の前にそこを見学する。

学術劇場(ビビエナ劇場)
Teatro Accademico Bibiena
18世紀に建てられた劇場
現在もオペラなどが上演されているのだそう
.
.

共通券に含まれるし通り道だし、といった軽い気持ちで見学することにしたのだけれど、完全貸切状態で見学することができ(たまたま、なのかも)、とても面白かった。
小さいけれど、とても美しい劇場だった。

劇場を見た後、昼食をとるため、インフォメーションの人が薦めてくれたお店に行ってみることにしたのだけれど、地図につけてくれた印の場所にはレストランがなかった。
でも、その地図上の点から少し行った所に一軒レストランがあり、その他にはレストランが見当たらなかった。
店名は聞いていなかったので、確信は持てなかったし、お店の外からは中の様子が分からなかったのだけれど、ここへ来る途中に目ぼしいレストランも見つけられなかったので、思い切ってそのお店に入ってみることにした。

→ 次は昼食

<<旅日記5日目-03 □ TOP □ 旅日記6日目-02>>