TOP行程表

Sydney + Melbourne 2024

旅日記 3日目 - 04

メルボルンのビクトリア州立図書館を見学する。

ビクトリア州立図書館

ビクトリア州立図書館は1856年に開館した歴史ある図書館で、オーストラリア最古の公立図書館なのだそう。
建物はこの日の朝に見学した(外観だけだけれど)王立展示館と同じ人が設計していて、世界で最も美しい図書館として取り上げられたこともあるらしい。
建物の前は広い芝生の空間でそこに設けられた階段を上がってアクセスする。

階段を上がった先には、エントランスの両側に置かれた騎馬像などの銅像の手前の床にチェス盤が描かれていて、大きなチェスが置かれていた。

図書館前に置かれたチェス
ちょうど係員さんが
カートに駒をしまう準備をしていました
閉館前に片付けるんですね

訪問前に巨大なチェスがある
と夫に聞いていたので
ハリーポッターの映画に出てくる
人が乗ることが出来る大きさを
イメージしていましたが
そこまで巨大ではなかったです…
欧州のどこかの国の公園で
見たことがあったくらいのサイズでした

夫が駒を持ち上げていましたが
駒は軽かったそうです

この後はさっそく図書館内部へ入る。
奥へ進んでいくと「The Dome」という大空間へ出る。
この空間はドーム屋根に覆われた大きな吹き抜け空間で、この中心には「La Trobe Reading Room」と呼ばれる閲覧室があり放射状に机が置かれている。
その吹抜けを囲んで3層の廊下があり、そこはギャラリーとなっている。

The Dome
La Trobe Reading Room
.
家具も重厚です
.
椅子もオーク材なのだそう
.
本を立てて読むことが出来ます
.
ドームの周囲の廊下から閲覧室を見る
本当に美しい空間です

この廊下にはエレベーターでも上がれます

.
.
.
照明も美しい
.
2000年代になってから
改装が行われているそうです

今までも何回か「世界で最も美しい図書館」とされている図書館に行ったけれど、このビクトリア州立図書館も本当に美しい図書館だった。

階段の手摺も美しい

…写真はありませんが
先程のドームの周囲の廊下部分には
美しい螺旋階段もありました

大満足で外に出ようとしたら、最初のホールのような場所にブロックで作られた模型が置かれていたのに気が付いたのだけれど、それが本当によくできていて、しばらく見入ってしまった。

ビクトリア州立図書館
ブロックで出来た模型
ちゃんとチェス盤もあります
.
State Library of Victoriaの模型
STATE LIBRARY 「BRICK」TORIA
名札もかわいい
.
内部もとてもよく作られています
.
最初に寄ったカフェのテラス席も
ちゃんと作られていました

これで本当に大満足。
図書館を出てラウンジで夕食にするため、歩いてホテルへ戻った。

ホテル外観

この日もホテルのグランドクラブラウンジのカクテルタイムで夕食にする。

フードはいくつか前日と違ったものがありました
夫はこの日の1杯目はビール
私はこの日もスパークリングワイン
.
食後のデザート

ラウンジのカクテルタイムのフードは種類も多くはないし、前日と違う料理はほんの数品だったけれど、この日も美味しいものが多く、しっかり飲んで食べて満足して部屋に戻った。

部屋からの眺め
昼間は緑が多く見えているだけあって
夜は結構暗い部分が多いのですが…
.
サウスバンクの高層ビルはちょっとだけ派手です

この日じっくり夜景を見てみたら、昼間見た時にはフリンダース・ストリート駅はちょっとしか見えていないと思っていたのだけれど、夜はライトアップされていて、かなりの範囲見えていることが分かった。
派手でキラキラした夜景ではないけれど、街歩きの後に見ると色々と発見のある眺めだった。

→ 次は、4日目

<<旅日記3日目-03 □ TOP □ 旅日記4日目-01>>