TOP行程表

  Spain+Munich  2013

旅日記 7日目(2013/01/02)-03

ミュンヘン空港では一応バゲージクレームへ向かった。
マドリッドで出発する際、機内に入ってから離陸まで結構待ったので、もしや私達の荷物をがんばって載せてくれたのかもしれないと期待していたのだけれど、そんなことはなく荷物は出てこなかった。

ロストバゲージの手続きをするカウンターに行って手続きをしたのだけれど、私達の荷物はマドリッドで言われた通り、ミュンヘンに22時過ぎに着く次の便に載って来る予定だということだった。
ホテルに荷物を送ることも出来ると言われたけれど、それだと今日は荷物なしになりそうなので自分達で取りに来ることにした。
でもその前に一旦空港の外に出たいと言うと、時間になったら「なんとかという窓口(月日が経ってその名前を忘れてしまいました)」へ行ってその旨伝えればバゲージクレームに入れると説明してくれた。

こうして一旦荷物なしで空港の外に出た。

この時は空港で写真を撮らなかったので
別の年の旅行で撮ったミュンヘン空港の写真

ミュンヘンの空港は町中までの移動がSバーンで便利だけれど、さすがに食事のためだけに町へ出て戻ってくる程近くはないので、行きに宿泊した空港のターミナル間にあるホテルで食事をすることにした。

行きの日本から到着した日に宿泊した際は、その日の夕食はターミナル間にある広場で開催されていたクリスマスマーケットで軽食を食べたのだけれど、今回は時間もたっぷりあるのでホテルのレストランを利用してみる。
この当時空港のホテルはケンピンスキー系列のホテルだった。(その後違う系列のホテルに替わっています。)
行きに宿泊した際はホテルで朝食も食べなかったので、このホテルのレストランを利用するのは初めてだ。

ちょっと高級そうだったけれどフランス料理っぽいお店に入り、せっかくなので、それぞれ前菜とメインとデザートのプリフィックスのコースを頼むことにした。

パンの種類も多くバターも高級そうです
.
前菜の1つは↑
スープとクロケッタのようなもの

もう一つの前菜はサラダ↓

松の実などのトッピングが
試験管に入ってでてきました
.
メインの1つはキノコのリゾット↑

もうひとつメインはお肉…鴨だったかな↓

.
デザート↑↓

選んだ料理はどれも美味しくてとても良い夕飯になった。
コースだったこともありゆっくり時間をかけて食べたので、食事を終えた時には荷物を受け取るために空港へ戻るのにちょうどよい時間になっていた。

お会計を済ませて、空港のターミナル2に戻って教えてもらった窓口へ向かったのだけれど、遅い時間だったからかその窓口には誰も人がいなかった。先程のロストバゲージの係の人は窓口が閉まる時間を失念していたのだろうか。
別の窓口へ行って事情を説明したのだけれど「中に入ることはできない」と言われてしまった。
確かに制限区域内にはそんなに気軽に入ることは出来ないのかもしれない。

以前他の国で同じように荷物がロストしてしまい、翌日に空港まで自分で取りにいったことがあったのだけれど、その時はロストバゲージの係へ電話しその係の人に案内されて制限区域内のバゲージクレームに入ることが出来たので、あまり深く考えず今回も普通に入ることが出来ると思い込んでいたのだ。
今回は正式な(⁉)ロストバゲージではなかったので、係の電話番号などが書かれた荷物追跡の紙などはもらっていなかったので、この先どうしたらいいのか思いつかなかった。

のんきに美味しいコース料理を食べてご満悦だったのに、急に困ったことになってしまった。

この間も写真を撮っていなかったので
数年後に撮ったミュンヘン空港の写真

もうこれは現場で直接お願いするしかないと思い、到着ロビーの荷物を受け取った後に出てくる出口へ移動し、そこの警備員さんに事情を説明して中に入れてと頼んでみたけれど、当然中には入れてもらえなかった。
ここで諦める訳にはいかないので、何度も説明してお願いすると荷物の係の人を呼んできてくれた。
その人に再度説明すると、やはり中に入れることは出来ないから、自分が荷物を持ってきてあげると言ってくれた。
これでようやく、本当のロストバゲージにならずに済みそうだった。

私達の荷物を乗せた飛行機は10分くらいの遅れでミュンヘン空港に到着した。
到着ロビーの制限区域外からも、制限区域内のバゲージクレームの扉が開くと中のターンテーブルが見えたのだけれど、ちょうど目の前がマドリッドからの便のターンテーブルだったので、無事私達の荷物が到着してターンテーブル上でグルグル回っているのが見えていた。

そこからかなり時間が経って、みんなが荷物をピックアップし私達の荷物だけが何度もグルグル回っていたのだけれど、しばらくするとターンテーブルも止まった。
そこからまたしばらく待つと、やっと先程の係の人が私達のスーツケースを持って出てきてくれた。
そして念入りに荷物の番号などを確認した後に引き渡してくれた。

こうして無事に荷物を受け取ることが出来たけれど、マドリッドで荷物と同じ便の飛行機に乗ることを選択していたら、もっとスムーズでもっと早く空港から出られたのだと思う。
しかしマドリッドでは待たずに先にミュンヘンに来たおかげで、美味しい夕飯が食べられたし、困ったなぁと思ってもそれが無事に解決していれば、後々良い思い出になるので、これはこれで良かったということにしておこう。

この後は、もう遅くて疲れたのでタクシーでホテルに向かうことにした。
豪快な女性の運転手さんだったので、あっという間にホテルに到着した。

この日から2泊するのは、ミュンヘン中央駅の近くに建つル・メリディアン・ミュンヘン(Le Meridien Munich)というホテル。
この2年くらい前にもミュンヘン中央駅近くのホテルに宿泊したことがあるのだけれど、今回は違うホテルにしてみた。

スタンダード・ルームですが
部屋の広さは十分です
.
駅前の大通りに面して建つホテルですが
大通りとは反対側の部屋にしてもらえたので静かでした

もう既に日付も変わっているので、簡単に荷物を片付けてすぐに寝ることにした。

→ 次は、8日目

<<旅日記7日目-02 □ TOP □ 旅日記8日目-01>>