TOP行程表

Italy 2014

旅日記 3日目(2014/04/27)-02

この後もモザイク見学を続ける。
午前中に購入した共通券で見ることが出来る場所を中心に廻ることにしていたのだけれど、その前に小さいけれど、とても美しいモザイク画があるという洗礼堂へ寄る。

その洗礼堂は、アリウス派洗礼堂(アリアーニ洗礼堂)という名で、スピリト・サント教会の前に建っている。
八角形をした洗礼堂で5世紀末頃に建てられたのだそう。
これは無料で見学することが出来る。

アリアーニ洗礼堂
.
クーポラのモザイク画
中心はキリストの洗礼の図
その周りには12人の使徒が描かれている

12人の使徒のうち
玉座の隣の3人を除く9人の使徒のモザイクは
少し後の時代に作られたものなのだとか

左側の3人の使徒と玉座と中央の円盤(洗礼の図)は同時代
その他の使徒は、もう少し後の時代で様式が異なるのだそう
私が見ると、頭の後ろの後光(?)の差くらいしかわからないけど

この後は、サン・ヴィターレ聖堂へと向かう。

サン・ヴィターレ聖堂は6世紀前半に建てられたもので、547年に聖別されたという記録があるのだそう。
平面は八角形をしていて、中央部にクーポラが載っている。

サン・ヴィターレ聖堂

外観はとても簡素だけれど、この聖堂の内部もモザイク画に覆われていて、とても美しい。

サン・ヴィターレ聖堂 後陣
.
クーポラのフレスコ画は18世紀後半のもの

サン・ヴィターレ聖堂の後は、すぐ近くにあるガッラ・プラチディアの廟へ行く。
ここは、サン・ヴィターレ聖堂の敷地内から直接アクセスできるため、この聖堂に付属した建物かと思ってしまうのだけれど、元々は、サンタ・クローチェ教会の前室に接続して建てられたものなのだそう。

ガッラ・プラチディアの廟
十字型をしたレンガ造りで、5世紀半ばに建てられた

ガッラ・プラチディアというのは、古代ローマ帝国の皇帝テオドシウス1世の娘。
ちなみに、このテオドシウス1世の死後、遺言によりローマ帝国は東と西に分けられ、プラチディアの異母兄二人に分割統治されることになったのだそう。

このガッラ・プラチディア自身が、そこに葬られることを望んで建てられたのがこの霊廟だと言われている。でも、実際に彼女が埋葬されたかどうかは不明なのだそう。

入口上部のモザイク画『善き羊飼』
暗くて上手く撮れませんでしたが、美しい色合いです
.
建物内部の上部は、すべてモザイク画でおおわれている
クーポラも濃紺の背景に金色の星のモザイク画が施されている
.
十字架を背負う人物とキャビネットのモザイク画
これを覆うアーチのモザイクも美しい
この下部は大理石で覆われている

手前に少し写っているのは大理石の石棺

.
大理石で覆われている部分の窓
アラバスターの板が取り付けられている

この後は、ネオニアーノ洗礼堂へ向かう。

ネオニアーノ洗礼堂
八角形をした建物
.
クーポラはモザイク画で覆われていて
その下はスタッコ装飾
最下段は色大理石のはめ込み細工が施されている
.
クーポラの中心はキリストの洗礼のモザイク画
それを囲むように12使徒が描かれ
その外側は空の玉座と
福音書が置かれた祭壇が交互に描かれている

この後は、この洗礼堂に近接するドゥオモへ移動する。
ドゥオモの2階に大司教館付属博物館があり、ここが、午前中に購入した共通券で見ることが出来る最後の建物になる。

この博物館には18世紀に壊されてしまった古いドゥオモから移されたものが展示されている。
博物館内は撮影不可だったので、写真がないのだけれど、さすがドゥオモにあったものだけあって見応えのあるものが多かった。

現在のドゥオモは18世紀に建てられたものだけれど、礼拝堂などモザイク画が施された部分もあり、こちらも見応えがあった。

ドゥオモとネオニアーノ洗礼堂
.
.

こうして共通券の建物を見終わったので、午前中にミサが執り行われていて内部を見ることができなかったサン・フランチェスコ教会へと戻る。

サン・フランチェスコ教会

この教会は5世紀後半に建てられたものなのだけれど、10〜11世紀に建て直されているため、5世紀後半当時の姿が残っていない。
ここでは1321年にダンテの葬儀が行われたのだそう。

教会内部は三廊式で天井は木造

内陣は一段高くなっていて
その下にクリプタ(地下礼拝堂)がある
クリプタは10世紀末に作られたものなのだけれど
現在は水没してしまっている

下の写真はピントが合っていないけれど
クリプタを見学するために階段を降りる人達
最下段からクリプタをのぞくことが出来る

.
水没したクリプタ
水中に残っているのは創建当時(5世紀)の床モザイク
水の中には数匹の金魚が泳いでいる
このクリプタは通常真っ暗で
クリプタを覗く小窓の横にある機械に
1ユーロ入れると明かりがつく

…結構長い時間点いているので
前の人が点けてくれた明かりで見学できました

こうして、ラヴェンナを一通り見学したので(多分)、少し休憩をすることにした。
カフェを探しているうちに雨が降り出してしまったので、ポポロ広場の近くで見つけたカフェ&バールのようなお店に入ることにした。

ショーケースに並んだケーキから
小さめのものをチョイス

飲物には、クッキーもついてきました

ケーキを頼まなくてもクッキーだけで良かったんじゃない?
と言った夫も、しっかりケーキを1個半食べました

このお店で、甘いものを食べて飲んだので、また満腹になってしまい、この日も夕飯は食べずに終わらせることにした。

雨はまだ降り続いているようだったのだけれど、この日は傘をホテルに置きっぱなしにしていたので、少し雨が弱くなってきたかな?というタイミングでお店を出ることにした。

しかし、お会計しているうちにまた本降りになってしまい、しばらくポルティコで雨宿りをした後、今度こそ、小降りになった瞬間に、速足でホテルへと向かった。

結局、結構濡れてしまったので、ジャグジー付のお風呂にゆったりと入って温まってから、この日は早々に寝ることにした。

→ 次は4日目

旅日記3日目-01 □ TOP □ 旅日記4日目-01>>