TOP行程表

 Spain 2014

旅日記 2日目(2013/12/27)-02

セビーリャ観光の第一歩は、アルカサルを見学することにした。

出てくる人がたくさんいたので
手近な門から入ってみたら
出口専用でした
戻ってみたら、ちゃんと門の手前に
「アルカサルはあっち」
という看板ありました

門に向かって戻る(…普通は出る)道から
ヒラルダの塔がよく見えます

↓入口はこっち、ライオンの門

チケットを買う行列が出来てました

アルカサルは、10世紀に創建されたイスラム時代の城を、その後のキリスト王たちが改築したもの。(現存している最古の部分は、12世紀のものなのだそう。)
イスラム教国の君主、皇帝、国王と、それぞれの時代の権力者が居城としてきたもの。

ペドロ王の宮殿

.
.

階段室のタイル装飾

.

.
.

乙女の中庭

.
.

.
.

マーキュリーの池とグロテスク様式の回廊

見学を終え、アルカサル内にある売店で、セビーリャの日本語観光案内の本を買った。(夫は、この系統の本を買うのが好きなんです。)
夫が、その場でアルカサルの紹介ページを見て、マリア・パディージャの水浴場という場所をどうしても見ておきたいと言い出した。(外に出る前で良かった…。)
近くにいた警備員さんに本を見せて、どこにあるか教えてもらい戻って見学した。(売店から、それ程遠くなかったので良かった…。)

これがマリア・パディージャの水浴場です↓

その本によると
周囲の建物より数メートル掘り下げて造られた
アルモデア様式の『航海の中庭』に
後に造られたのが、この水浴場なのだそう

他の場所に比べると装飾が少ない

こうして、アルカサルを満喫。
時刻も2時半を過ぎていたので、一度ホテルに戻ることにした。

カテドラル前には、たくさんの馬車
前回のセビーリャ旅行では、
フェリアの会場へ行くのに馬車に乗りましたが
今回は乗りませんでした

今回、セビーリャで泊まるのは、Hotel Fontecruz Sevillaというサンタ・クルス街にあるホテルで、ヒラルダの塔の前の広場からホテルまでは歩いて3分くらいだった。

ホテルに戻り、フロントで鍵をもらい、預けてあったスーツケースを受け取り、部屋へと向かう。フロントからエレベーターのある所まで数段階段があるのだけれど、荷物用のリフトを使ってスーツケースを上げてくれた。

ちなみに
これがそのフロントからの階段↓

この手前側に荷物用のリフトがあります

今回、このホテルには5泊するので、ちょっと贅沢にジュニア・スイートを選んだ。(といっても、このホテル自体がそんなに高いホテルではないので、ジュニア・スイートといっても、それ程高い宿泊料金ではないのだけれど。)
部屋は奥行のあるウナギの寝床タイプの部屋で、入ってすぐの所にソファが置かれたリビング・スペースがあり、その先、廊下の右側にスーツケースなどを置く台を挟んで2つのクローゼットがあり、反対側はバスルームになっていて、一番奥がベッドルームになっていた。

.
.

この部屋は、ベッドルームが一番奥まったところにあり、Wifiがベッドの所まで入ってこなかったので、リビングスペースにあるソファーでネットしながらゴロ寝出来るようにもう1枚毛布を借りることにした。その間、金庫に貴重品をしまおうとしたら手順を間違え、ロックがかかったまま開かなくなってしまい、金庫の鍵も開けてもらうことになった。(金庫はこの直後、また間違え、再ロックしてしまいました…。ちゃんとした説明の紙があったのに、簡易版を見て操作していたみたい…。私は間違ってロックしてしまうと怖いので、滞在中、一度も金庫に触りませんでした。)

こういった感じで、最初に部屋を見て廻った時には、いろいろと使いにくい所があるような気もしたけれど、慣れたらとても快適な部屋だった。(ベッドがWifiが入らないくらい奥にあるおかげで(?)、廊下の騒音もベッドルームまでは聞こえなくて快適でした。)

貴重品も無事金庫にしまい、持ってきた荷物を全部スーツケースから出して整理し、部屋で少しシエスタをした。

その後、6時ちょっと前に、散歩がてら夕飯を食べに出掛けることにした。

 このホテルについては、こちら

ホテルの説明は見ないで2日目夜の部へ進む場合は、こちら

旅日記2日目-01 □ TOP □ 旅日記2日目-03>>