TOP行程表

 Spain 2014

旅日記 4日目(2013/12/29)-02

サンタ・マリア教会では11時からミサがあると観光案内所の人が教えてくれていた。
教会に着いたのは12時くらいだった。

教会に出入りする人が多かったので、ちょうど11時から始まったミサが終わるくらいなのかな?と思って中に入ると、特別な衣装を身に着けた子供たちがたくさんいて、何かの行進が始まろうとしていた。

サンタ・マリア教会の鐘楼

12時2分過ぎくらい

.

何かが始まろうとしています
白い衣装に赤いスカーフを巻いた子供たち

.

「みこし」のようなものも出発します

サンタ・マリア教会なのでマリア像かしら?と思っていましたが
イエスの像のようです

何が始まるのか分からなかったけれど、「みこし」が外に出ていくので、私達も先程入ってきた扉から外に出て、「みこし」が出てくる側へ廻ってみることにした。

トランペットなどの楽団の人達も待機中

.

イエス像の「みこし」が登場

.

紙ふぶきと花火があがりました

.

行進が始まったので、違う場所に移動し行進を見学してみることにした。

後で知ったのだけれど、この日はクリスマス後、最初の日曜日なので、重要なミサが行われる日なのだそう。この行進も、そのミサに関係したものなのかもしれない。

行進の先頭

.

キャンディなどを持った子供たち
羊飼いの服でしょうか?

.
.

イエス像がのった「みこし」のようなものは、日本の一般的な神輿とは違って、台座の下に人が入っていて、持ち上げて歩くというスタイルだった。
先導する人がいて、スペイン語なので詳細は分からないけど「右!右!!右!!!」「左!左!!左!!!」「ゆっくり!」「止まって!」と、ずっと大きな声で指示を出しながら進んでいたけれど、「みこし」の中の人は、かなり大変そうだった。

イエス像の「みこし」
この布の中には、たくさんの人が入っています

行進を一通り見たので、次はセビーリャ門と反対側にあるコルドバ門へと向かう。
その途中、「パラドールはこちら」という看板を見つけたので、先にパラドールへ寄ってみることにした。
このパラドールは、カルモナの城壁にあるひとつの要塞をペドロ1世が宮殿に改装したAlcazar del Rey Don Pedroを利用したものなのだそう。

パラドールの入り口

.

テラスからはカンピーニャの平原を見渡せます

.

下にはパラドールのプールでしょうか

気持ちよさそう
でも、ちょっと遠そう…


カルモナを囲んでいた城壁には、かつて3つの城塞があり、その3つというのは、最初に通ったセビーリャ門の要塞と現在パラドールになっているマルチェナ門の要塞とコルドバ門の要塞なのだそう。

ということで、最後に残ったコルドバ門へと向かう。

.
.

コルドバ門に到着

セビーリャ門に比べると、とてもシンプル

コルドバ門も有料で中を見学できるということだったので、入り口にいた係の人に料金を払って、上がってみることにした。

...

コルドバ門の城塞は、セビーリャ門の城塞と比べると残っている部分が少ないのか
見学できる部分も少ない

.

その代り、カンピーニャの平原を見渡すことが出来るので
展望台にあるような双眼鏡が置いてあります(無料です)

ということで、双眼鏡の片目からカメラで撮ってみました
…眼底検査の写真みたいでビミョー。

.

コルドバ門内が見学できるのは短い時間で
この日は12:30〜13:30のみ
ということで、貴重な眺めを堪能

.

門の外でも平原を撮ってみる

とりあえず、ざっくりとカルモナ旧市街観光を終えたので、昼食をとるために町の中心へ戻ることにした。

→ 次は、昼食

旅日記4日目-01 □ TOP □ 旅日記4日目-03>>