TOP行程表

 Croatia 2017

旅日記 6日目(2017/05/03)-02

トゥロギールの大聖堂の鐘楼の階段は、前日に上ったスプリットの大聖堂の鐘楼と比べると若干勾配がきついような気もしたけれど、スプリットのものより安定感のある階段だった。

ただし、最後だけハシゴのような階段でした
.
最上部から階段を見下ろしてみる
スプリットの鐘楼より安定感があるとはいえ
昨日 鐘楼の下で会った人だったら
この階段も上れないかも…
.
鐘楼の一番上までたどり着いた時がちょうど12時
轟音で鐘が鳴って…心臓が止まるかと思いました
.
隣の島も見えます
.
小さな島に教会も多くあるので塔も多いです
.
これは本土側の眺め
バスターミナルが見えます
本当に小さな島です
.
直下をみると、広場に面して建つ時計塔とロッジアが見えます
.
降ります…
.
.
下に降りて、再度鐘楼を見る
.
各階違う様式で造られている

この後は、鐘楼の上り下りで疲れたので、大聖堂の向かい側にあるロッジアのベンチに座って休憩することにした。

時計塔の向かって右に付属しているのがロッジアです
裁判所や集会所として使われていたのだとか

これは大聖堂を見学する前に撮った写真ですが
男性のアカペラのパフォーマンスが行われていました

.
私たちがロッジアに戻った時には
パフォーマンスが終わっていて
ロッジアのテーブルのような台にCDが置いてあって
CDを販売していますというようなボードが
テーブルの足元に置かれていました
パフォーマンスを見学していたツアーの旅行者のうち
何人かがCDを買っているようでした

このCDと書かれたボードのデザインが
前日にスプリットで見たアカペラの人達のものと同じ気がする…
同じグループだったのかな?
それとも同じ事務所所属??

.
壁のレリーフ
.
ちゃんとした写真がありませんが
このレリーフは前日行った彫刻の美術館の
イヴァン・メシュトロヴィッチ作のようです
.
ロッジアの天井

この後は、同じ広場に面して建っている市庁舎の中庭を見学する。

市庁舎の中庭
(外観写真を撮り忘れました…)
.
.
.
中庭の井戸

この後は、島の西の端にあるカメルレンゴの砦へ行く。

路地でアート作品を売っていました
バルコニーにいるのは作者さん?
.
鮮やかです
.
ツヤツヤの石畳

規則性がなさそうでありそうな
ありそうでなさそうな…
パターンも面白い

.
エントランス前に1本のバラ
愛の告白でしょうか?
花瓶はビール瓶だけど
.
南門
.
.
.
カメルレンゴの砦

この砦は島の南西の端にあり、それまであった砦を15世紀に入ってから改築して建てられたものなのだそう。

.
若干不安になる階段ですが上がることが出来ます
.
.
さらに梯子のような階段をあがって
砦の塔のような部分に上がることができます
.
島内全体を見ることが出来ます
先程上った鐘楼も見えます(真ん中の塔です)
.
島の南東の端に架かるチオヴォ島へ続く橋が見えます
.
.

球技場の先に見えているのは聖マルコの砦
島の北西の端になります
島の西側の端から端までは、このくらいの距離です

.
 
これはミニ鍾乳石?石筍?

この後は昼食にすることにして、島の中心のほうへ戻る。

→ 次は、昼食

<<旅日記6日目-01 □ TOP □ 旅日記6日目-03>>